【MacUSキーボード】ワンボタンで『英語と日本語』の入力切り替えする方法《アプリ無しでも可能です》

アイキャッチ

MacのUSキーボードって日本語の記載がなくシンプルでカッコイイですよね。

このカッコ良さに惹かれて思わずJISからUSキーボードに変えちゃった!

って人は少なくないかと思います。

しかし、かっこいいものの
皆さんが最初にぶち当たる壁はこれだと思います。

怒りん坊
怒りん坊

ワンボタンで日本語と英語の切り替えができない!!!

そうなんですよ。

MacのUSキーボードでは入力ソースを切り替えるには「control + space」のショートカットキーを使わなくてはなりません

USキーボード

言語切り替えの度に、二つのボタンを押すのことに私も最初は苦労しました。

でも、ご安心ください。

ちゃんとワンボタンで「英字・ひらがな」入力切替を切り替える方法があります。

アプリを使う方法と使わない方法と二つありますので、それぞれ解説していきます。

アプリを使う方法

Karabiner-Elements

このアプリを使えばcommandキーのみで言語の切り替えが可能です。
海外のアプリになります。

詳細の使い方はこの記事をご覧下さい。

⌘英かな

こちらは日本のアプリですので、簡単に使いこなせるかと思います。

こちらのリンクからダウンロードができます。

アプリを使う方法のデメリット

このようにアプリを使えば、ワンボタンで言語切り替えができて非常に便利ですが、デメリットもございます。

アプリを使う方法のデメリット

ダウンロードと設定が面倒

アップデートすると使えなくなる場合もある

不具合が起こる可能性がある

Appleの公式ではなく、第三者が作ったアプリですので不安要素もあります。

これらのアプリを使用する場合は自己責任でお願いします。

因みに、私はこれらのアプリを使っておりません。

アプリを使わない方法

私はこの方法を超絶オススメします。

なぜなら、

超絶簡単で1分で設定できる

Apple公式の機能

だからです。

その方法とは、

「caps lock」を「英字・ひらがな」入力切替キーに設定する

だけでございます。

Mac には、標準で「caps lock」を入力ソース切替に割り当てる設定が備わっています。

英字の大文字を入力する場合「shift」を使うのが一般的なので、「caps lock」キーって普段ほとんど使わないと思います。

従って、「caps lock」キーを入力ソース切替に設定変更すれば良いのです。

こちらが実際の設定方法です。

メニューバーの「入力ソース」アイコン >「日本語環境設定を開く」の順にクリック
日本語環境設定を開く手順
 「Caps lockの動作」を変更
日本語環境設定の画面
プルダウンメニューから、「オフの時「英字」を入力」を選択
「Caps lockの動作」設定変更の手順

この設定で「caps lock」をオン(ランプ点灯)時は日本語、オフ時は英語が入力できるようになります。

「caps lock」を「英・かな」入力切替に変更する選択肢としては

  • オンの時「英字」を入力
  • オフの時「英字」を入力

の2種類がありますが、『オフの時「英字」を入力』をオススメします。

 そして、「caps lock」キーを「英・かな」入力切替に設定すると、ホームポジションから小指でポンと配置的にも良く、更にワンボタンで切り替えられるため、快適な環境でタイピングが行えます。

US キーボードで言語切り替えに困っている人は是非一度試してみて下さい。

このブログでは世界のアプリ情報を中心にこのようなテック周りのライフハック情報も発信しております。

少しでもイイなと思ったら記事のシェア頂ければ嬉しいです。

Twitterでも毎日海外アプリ・テクノロジー・ライフハックの情報を発信しておりますので良かったら、フォローして下さい!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です