【2020年6月最新版 】海外アプリをダウンロードする方法 クレカ不要で3分でできる!

アイキャッチ

こんにちは。
日本、中国、アメリカのApp Storeを持ち世界のアプリを研究するアプリオタクのチャエンです。

皆さんも、
『中国やアメリカのイケてるアプリを使いたい!』
と思う事が日々あるでしょう。

しかしながら、日本のApple Storeでは海外のアプリはダウンロードできません。

気を落とさないでください。

実は簡単に3分程で海外アプリをダウンロードできる方法があります!

本日は簡単に海外の魅力的なアプリをダウンロードできる方法について解説します。

それでは、詳しくその方法について見ていきましょう。

海外のアプリをダウンロードするメリット


設定方法に入る前にまずはメリットについて説明します。

海外旅行が快適になる

 アプリの中には海外のApple Storeでしかダウンロードできないものもあります。有名なアプリでいうとディズニー系のアプリです。

例えば、アメリカで登録すれば

  • アナハイムのディズニーランド・リゾート
  • オーランドのウォルト・ディズニー・ワールド
  • パリのディズニーランド・パリ
  • ディズニークルーズ

などのアプリが一通りインストールできます。
ディズニー専用のアプリがあればディズニーランドが3倍楽しくなること間違い無しです。

最先端で便利なアプリを使用できる

アメリカや中国のApple Storeには日本ではダウンロードできない様々なお宝アプリが眠っております。

それらが日本に居ても使用できるなら使わない手はないですね。


(お宝アプリに関しては、このブログにて随時解説していきます。)

ビジネスのネタ探し

感度の高いビジネスマンは既知かもしれませんが、インターネット系のサービスにおいては、

アメリカや中国は既に日本の数歩先を行っております。

世界時価総額ランキングや世界のアプリダウンロード数などを見れば一目瞭然です。

それらの国でリリースされている最先端のアプリを学び、参考にすることで新たなビジネスのアイディアが生まれることでしょう。

実際に情報収集の為に北京や上海、シリコンバレーに拠点を構える大手の企業も少なくありません。

ですが、それらの情報が日本に居て無料で手に入るならすぐに実行すべきです!

海外のアプリをダウンロードする際の注意事項


続いては、海外のアプリをダウンロード する際の注意事項について解説します。

海外のアプリをダウンロードする為には、Apple IDの国を変更する必要があります。

ここで注意しないといけないのは
Apple IDの国を変更すると

Apple Music などのサブスクリプション (定額制サービス) を解約する必要があります!

これは非常に困ります。

私も一度全てのサブスクリプションを解約して国を変更した経験がありますが、非常に面倒で自分の好きなサービスが使えなくなったのであまりこの方法はおすすめしません。

また、新しいApple IDを作っても、既存のアップルIDとのアカウント切り替えも10秒程度で何の障害もなく終わりますので、個人的には新規のApple IDを作る方法をオススメします。

私の肌感覚ですが、新規でApple IDを発行する事がかなり大変だという誤解をしている人が多くいる様に思えますので、簡単によくある3つの誤解を纏めさせて頂きます。

新規でApple IDを発行する事についての3つの誤解

①元のApple IDが消える
 →消えません。10秒程度でアカウントを切り替えれます。

②元のアプリが使えなくなる
 →Apple IDの国を変えてもアプリは通常通り使えます。

③現地の国のクレカと住所が必要
 →クレカは不要で住所は適当で大丈夫です。

では、前置きが長くなりましたが、早速それぞれの作り方について見ていきましょう。

既存のApple IDを使う方法


オススメしませんが、サブスクリプションのアプリを持っておらず、既存のApple IDに頻繁に戻さない方であればこちらの方法でも大丈夫かと思います。

iPhoneの設定 → Apple ID(設定を開いて一番上) → iTunesとApp Storeをタップ
青文字で書かれている自分のApple IDをタップして「Apple IDを表示」をタップ
次に「国または地域名」をタップ
「国または地域をを変更」をタップ

そして使いたいApp Storeの国をタップすると利用規約になるので同意する
次にアカウントの情報を入手する画面になるので、クレジットカードのところは「None」を選択

住所と電話番号は適当で構いません。
(私はGoogleMapから適用な場所の住所を選んでます。)
しかしながら、電話番号とZip(郵便番号)は桁数を合わせる必要があります。

以上で既存のApple IDの国を変更することができました。
あとは、そのままAppStoreに入って望みのアプリをダウンロードすれば完了です。

新規のApple IDを発行する方法


続いては、本丸の新規のApple IDで作る方法を解説します。

まずは既存のApple ID及びiCloudからログアウトします
注意事項

icloudからもログアウトしないと新規IDを発行できません。

iclouldからログアウトする際にこのような警告がでます。
再度元のApple IDでログインすれば元どおりiclouldのデータを使うことができますが
念の為、データのコピーを残すことを推奨します。

Apple IDをお持ちでないから忘れた場合を押して新規IDを発行する
名前と生年月日を入力します
メールアドレスを設定します

その後は利用規約に同意する画面ができてます。
同意を押して進むと新規Apple IDが発行されます。

後ほど承認メールが届くので実際にメールが届くアドレスを記入してください。

メールアドレスを承認する

承認メールが届くのでそちらのリンクをクリックすれば完了です。

「設定」→「iTune&Apple Store」から一番上のApple IDをクリック
そうすると「Apple IDを表示」というポップアップが出るのでそちらもクリックする
ご希望の国を選択する
アカウントの情報を入手する画面になるので、クレジットカードのところは「None」を選択し記入する

住所と電話番号は適当で構いません。
(私はGoogleMapから適用な場所の住所を選んでます。)
しかしながら、電話番号とZip(郵便番号)は桁数を合わせる必要があります

以上が新規のApple IDを海外の国で作る方法です。

そうすると無事に下記の様にアメリカのApple Storeに入ることができます。

中国のApple IDは新規作成できない?

以前は簡単に新規作成できた中国のApple IDですが、2018年から新規作成する際には中国の携帯電話番号による本人確認が必須になりました。

従って、中国の携帯電話番号がないと中国のアプリをダウンロード することはできません。

中国の携帯電話番号を入手するには

①中国のSIMを購入する
・中国携帯会社の窓口へ行って実名登録を行い、購入しなくてはなりません。日本住みの方には少々ハードルが高いです。また、携帯料金も発生します。
 

②eSender易博通を使う
 こちらは中国SIMを買わずに中国の携帯番号を手にすることができるサービスです。私は使ったことがありませんので、自己責任でお願いします。
eSender易博通の使い方

もし、どうしても中国アプリをダウンロードしたい方は私までご連絡ください。

有料にはなりますが、中国のApple Store開設の為の携帯番号をお貸しします。一度開設すれば、アプリはダウンロードし放題です。

ご希望の方は下記のアドレスかTwitterあるいは、コメント欄からお願い致します。

元のApple IDへの変更方法


基本的にはApple IDを他国のものに変えたからといって、日本のApple IDでダウンロードしたアプリが使えなくなることはありません。

しかしながら、アップデートする際はそのアプリをダウンロードした国のアカウントでしかアップデートはできません。

従って、定期的にApple IDを切り替える必要があります。

方法は非常に簡単です。

「設定」→「iTune&Apple Store」から一番上のApple IDをクリック
そうすると「サインアウト」というポップアップが出るのでそちらもクリックします

これで一度、サインアウトして元のApple IDでログインすれば完了です。

最後に


いかがでしたでしょうか?

この方法を使って海外の様々なアプリをダウンロードして、ビジネス・海外旅行・私生活が少しでも快適になれば幸いです。

このブログでは海外の便利なアプリを紹介していきますので、末長くよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です